FC2ブログ
   
03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンビへの心配事

ぶっさんファミリーに会いにきてくださって
ありがとうございます


*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

バンビの皮膚に
ブチブチが出始めたので
病院に行った時
気になっていた事を聞いてみた
まず一つ目 
左後ろの足首付近に
怪しいヤツが。。。
先生曰く
「う~ん、もしかしたら
 皮膚組織球種の可能性もありですね」
なんと 過去2回 
バンビはコヤツに魅入られている
1度目は手術当日ギリギリで回避
2度目は切除手術決行
(
詳しくはカテゴリー皮膚組織球種を)
e6AT7Eix6iOVjYi1542343428_1542343604.jpg
とりあえず2週間後に再診
っで、ふたつ目 
最初に気付いた時は
白目から黒目に向かって
赤い線が2本走っていた
病院で診てもらわないとな…と
けれど痛みも痒みも無く
見えづらい様子も無いので
何かのついでにと
先延ばしにしていた

そうしたら写真のように
2本線がくっ付いて浮腫になっていた
先生曰く
炎症による肉芽腫
 これは手術になるかもですね」
コチラも2週間後に再診

YZ_519o5o5rZssV1542343626_1542343671.jpg
つまりどっちかが手術になれば
同時にもう一方も取れるという事になる

良い事なのか
一石二鳥なのだろうか 

wVaja8_g__4HVX31542343044_1542343281.jpg
まったく 
心配ばかりさせる子だ
とにかく2週間後!
再診で何か進展があれば
ご報告という事で 

そうそう
皮膚のほうは
抗生剤で回復しております m(_ _)m



titlelogo.gif 

 ↑  ↑  ↑
★ランキングに参加しています
上と下をポチっとお願いします★ 




スポンサーサイト

歯抜けのモー子さん

ぶっさんファミリーに会いにきてくださって
ありがとうございます


*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

モー子は
ボールの引っ張り合いが大好きだ
10年の間
引っ張り続けたら
ある日 こうなっていた

 kako-kV8LJkxslogXtSQ8.jpg 
kako-1DivElclcKlaWt52.jpg
下の歯が
何本か消えていた 
グラついていたのは知っていた
どこに消えたのか。。。
モー子の胃の中か。。。
おそらくそうだろう
今日も引っ張れと催促してくる
ボールを引っかける歯は
まだ残っているし
kako-Fug8PezdPWiZceF7.jpg 
モー子なら…
モー子なら…
歯茎だけになっても
引っ張れと言ってきそうだ

z418txBuNozfQju1542334817_1542335046.jpg
それでは、モー子さん
今日も遊びましようかね



titlelogo.gif 

 ↑  ↑  ↑
★ランキングに参加しています
上と下をポチっとお願いします★ 



寒くなりましたね

ぶっさんファミリーに会いにきてくださって
ありがとうございます


*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

はぁい 
ご無沙汰の母ちゃんです

寒いのぉ~ 
でもまだ暖房はガマンのぶっさん地方
こちらのご夫婦 

これからはこんな光景が
ちょくちょく見られそうです 
4wVB7MZg1BQLzFN1542332872_1542333068.jpg
I1_6HhsBdDtxfe21542333128_1542333287.jpg


titlelogo.gif 

 ↑  ↑  ↑
★ランキングに参加しています
上と下をポチっとお願いします★ 



残暑見舞いだよ

ぶっさんファミリーに会いにきてくださってありがとうございます

*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

残暑お見舞い申し上げます

猛暑も過ぎ、立秋も過ぎ
・・・とは名ばかりで
まだまだ暑い日が続いております
皆様いかがお過ごしでしょうか?
わが家も
エアコンは一日中オン状態
ワンコ達も一日中この状態

HHuY9DxfiD_TMgV1534819846_1534820137.jpg
n6S12fsXr8qegqM1534820269_1534820465.jpg
また別の日も快適に過ごしております
kako-4qz9A1WzENLpS6Hm.jpg
この足をそのまま
    外へ移動させますと…

kako-ebZhMjHhjYoj339P.jpg
このように
kako-jNe22wON4A6SFbiU.jpg
T1Lkt4mKVW2AOna1534820532_1534820687.jpg
・・・っと上手い具合にハマります
i8U5G2ScgPyM66T1534820754_1534820825.jpg
いつでもどこでも
お家の中は冷え冷えでして
お財布の中身も冷え冷えな 
わが家の夏でございます

X5wdRzwNr8Z5R1C1534823773_1534823998.jpg
あられもない寝姿のモー子さんに対し
uBxts7juf0Qz3TQ1534821162_1534821506.jpg
とは言ってみるものの
いやはや 何と言いますか

pZszY5KQTfUXfk71534820870_1534821124.jpg
とにかく快適な一日を
過ごしているようです 
まだしばらくは
厳しい暑さが続きますが
体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ
なおこのブログ
勝手気ままな更新ですが
今後とも
ご支援賜りますようお願い申し上げます

平成30年 晩夏



titlelogo.gif 

 ↑  ↑  ↑
★ランキングに参加しています
上と下をポチっとお願いします★ 



ルフィ血栓症の為…

ぶっさんファミリーに会いにきてくださってありがとうございます

*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

2018年8月12日
早朝 5時過ぎ
それは突然の事でした
直前まで母ちゃんの布団で
まったりしていたニャンコのルフィ 
トイレに行った後
ケージの2階に入ろうとして
「ドタッドタッ!」
その時 音だけを聞いていた母ちゃんは
ステップから滑り落ちたなと思っていました
その場で動かないルフィを抱き
2階にあるクッションに移動させました
少しして また
「ドタッドタッ!!」
2階から1階に落ちていたのです
コレはおかしいと思った母ちゃんが
ケージからルフィを引っ張り出してみると…
後ろ足が両方動いていませんでした
呼吸も速く、浅く
口を開けてパニック状態のルフィ

すぐに父ちゃんに電話
ぶっさんファミリーの早朝散歩真っ只中でした
病院に電話して
朝一で緊急処置をしてもらう事になりました

先生のお話によると
「股の付け根で脈が触れない」
「肉球が冷たい」
「体温が32℃しかない(猫なら38℃)」

これらの事から おそらく
【血栓症】との診断
詳しく検査をするので
一旦帰宅して
お昼近くに再度病院へ
以下は分かりやすいサイトがあったので
抜粋させていただきました
緑文字がサイトの文言
茶文字がルフィの場合です
血の塊が血管に詰まった状態を血栓と言います
【原因】
詰まりやすい部位は
お腹の大動脈がY字に分かれて両足へと向かう分岐部です
ルフィはまさに両脚でした
片脚なら回復の可能性はあるらしいです

【症状】
後肢不全麻痺、脈拍の触知不能
チアノーゼ、皮膚の冷感など
通常後肢の筋は硬くなり、痛みを伴います
口を大きく開け
上半身だけで動き回っていました
大声は出ませんでしたが
痛かったのだと思います

【診断】
・身体検査(触診)
・X線検査
・超音波検査
【治療】
・外科的手術での血栓除去
・ウロキナーゼなどの血栓溶解剤の点滴
上記2点はリスクも高く
高齢の為しない方向になりました

・心筋症が原因であれば、心臓に対する処置
ルフィの場合 
心臓が少し肥大しており
心筋も厚くなっていたようです
これ以上血栓ができないようにする治療となりました

来院後24~72時間以内に
改善が見られない場合、予後は悪い
 延命しても再発の危険性がある
一命は取り留めても
血液が行かずに脚がミイラ化して
切断の必要が出る場合があります
先生からは
― 改善が難しいという事
― アメリカでは
  【安楽死】の対象になるという事
― いつ急変してもおかしくないという事
そして 今からの治療に関して
色々とお話して とりあえず即入院
明日様子を見て退院するか延期か。。。
それから自宅に
酸素室の用意をお願いされました
それからはバタバタと時間が過ぎました
同じ病気のニャンコ飼い主のブログを読みあさり
酸素室はレンタルにして
退院直前に設置できるように業者に電話
自宅で静脈注射を打つ心構え
点滴の為の通院の方法
なにせ酸素室から出せませんから。
翌日 朝8時46分 病院から電話
「昨日より具合が悪いので
     至急来て欲しい」
ちょうどお兄ちゃんもいたので
父ちゃんと3人で病院へ 
酸素室にいるルフィは
何も口にせず薬も受け付けないそうです
母ちゃんが小さな扉から手を入れ
顔を触ると小さな声で
「ニャア」と応えてはくれたのですが
プイと後ろを向いてしまいました
先生が仰るのには
猫は弱い所を見られたくない子が
多いみたいだと。。。
あの『甘えた王子』のルフィが…です
そして2回嘔吐しました
呼吸は相変わらず速く・浅くです
まだ痛みもあるそうです
痛みはそのうちに麻痺の為
感じなくなるそうです
このままだと連れて帰れないので
もう一日入院という事になりました
すると数時間後の1時過ぎ
また病院から電話が。。。
「かなり呼吸が弱く、酸素室から出て
 直接マスクをしています
 至急来て下さい!」

家から病院へは車で30分かかります
気持ちはすぐに病院に着いているのですが。。。
診察室で待っていると先生が入って来て
「お電話してから2分後でした」と。。。
最期は苦しむ様子はなく
大きな息を2回して
心臓が止まったそうです
白い箱に入って
連れてこられたルフィは
キレイにしてもらった後
首に花のリボンを付けてもらい
花のリースの下で眠っていました
硬直は始まっていましたが
血流が滞っていた下半身は柔らかいままでした
2018年8月13日 午後1時5分 
ルフィ  17才(人なら84才)
天国へと旅立ちました 

ここまでが
発症から一日半の出来事です
あまりにも突然でした
血栓は他には見当たらず
検査の時は腎臓も肝臓も悪くありませんでした
ただ高齢なのが問題だったのかもしれません

kako-WY83gH9BDRQYmeKI.jpg
kako-SCNwrJddM9cAwDCJ.jpg
kako-ev9rMQ3JVCPpEi7o.jpg
kako-KIdBneEK8aHJGRt0.jpg
kako-K5bGvM3sijPgQbFR.jpg
立派に育ちました(笑)
バンビも不思議そうに覗いています
kako-RbQXfxvDqMRodJe3.jpg
モー子は何故かハイテンション
   でもルフィの傍から離れたくないようです

kako-OftNzdlGpyvXvEnl.jpg
意外にもあれだけニャンコが好きだったぶっさん
   傍に行こうとしません

kako-KiXMO0pzF0QuZxg0.jpg
その日のうちに
お姉ちゃんが息子(1歳7ヵ月)と来てくれて
翌日14日のお昼頃
ルフィはお空へと向かいました
母ちゃん子だったルフィ
まだ実感が湧かないので
淡々と書いている母ちゃんです
なのでルフィには
当分の間はケージにいてもらいます
茶トラ のぬいぐるみが無かったので
プーさんに代役をお願いしました (笑)

kako-Mrx3IHX5qaUccDHK.jpg
17年間 ありがとうルフィ
ヴイ 18才…(88才)
チャチャ 13才…(68才)
チビ19才…(92才)
そしてルフィ
我が家の4ニャンズが
お空の上で復活だい 




titlelogo.gif 

 ↑  ↑  ↑
★ランキングに参加しています
上と下をポチっとお願いします★ 


プロフィール

 ★POM POM夫婦★   <ぶっさん・モー子の後見人>

Author: ★POM POM夫婦★   <ぶっさん・モー子の後見人>

ぶっさん ♂ 
2007年05月03日生まれ

妻子に優し過ぎる心配性のパパ
★モー子のダンナさん

モー子  ♀ 
2008年05月30日生まれ

爆走大好き勝ち気なママ
★ぶっさんのヨメさん

バンビ  ♂
2010年01月12日生まれ

甘えん坊のワガママ王子
★ぶっさんモー子の一人息子

☆バンビ1歳記念写真集☆
thumb_20110207223128.jpg

全国うなぎBUHI同盟だよ〜
           v(^о^)
s-ぶっさん 00-21 s-モー子 00-20

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

現在の時刻

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

SHOP


★BUHIショップ G.marQet★

★フレンチ・パグ専門 犬服★

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。